食事だけでワキガ対策

食事だけでワキガ対策を行うのは無理がある

ワキガに悩んでいる人からよく聞く言葉として体質改善があります。

 

たしかにワキガの臭いを少しでも抑えるのに有効です。
普段の生活部分から見直すことは非常に重要と言えます。

 

そんな中で、食事でワキガを対策しようという事があるようです。

 

確かに食事の内容で、体臭の臭いがキツくなるというのは正しいんです。

 

欧米人の8割はワキガと言われます。
その原因は食事も影響しているのが事実です。

 

では、なぜ食事だけでワキガ対策を行うのは無理なのか?

 

 

 

食事に頼った方法はストレスを生んでしまう

 

肉類や乳製品、香辛料を多く使った食品ばかりを食べると、確かに体臭はどんどん強くなります。

 

欧米ではこういった食生活の元、かなり体臭がキツいんですね。
本当に8割くらいのひとが、ワキガの臭いするんですよ。

 

日本人は昔から緑黄色野菜や豆類、雑穀や魚などを中心に食事をしてきました。
だからこそ、そこまでの体臭が無かったんですね。

 

さらに毎日しっかりと入浴する習慣もあります。
ちゃんと体を洗っていますので、臭いはさらに薄くなるんです。

 

欧米では入浴はある程度ってレベルです・・・。体をちゃんと洗ってるのかな?

 

でも、考えてみてください。。。

 

今の現代の食事の中で、肉類や乳製品、また香辛料の入ったものを避けて食事しつづける。
こんなことが一生続けて出来ると思いますか?

 

実際に周りのしがらみや生活環境もあって、ほぼ不可能でしょう。

 

また、食事制限をやり続けると、どうしてもストレスが溜まります。

 

ストレスは、実はワキガを強くするんですね。
ストレスとの関係は以前に触れたと思いますが、ワキガの大敵です。

 

また、思春期頃の子供に対して、この対策は余計に酷くさせます。

 

確かに思春期辺りから、わきがの臭いは出始めます。
ですが、その頃の子供は栄養価の高い肉類や乳製品を食べさせるべきなんですね。
成長のためには絶対に必要ですから。

 

ただし、全く意味が無いということはありません。

 

軽度のワキガであれば、これだけでも臭いを抑えることはできます。
それくらい食事との関係は濃いんですね。

 

ですが、重度の場合はそれだけでは難しいでしょう。
やはりデオドラントをちゃんと使ってワキガ対策をしていかないと。
厳しいんじゃないでしょうか。