ケーキなどの洋菓子がワキガの臭いを強くしている原因

ケーキなどの洋菓子がワキガの臭いを強くしている原因

ワキガってそもそも遺伝が大きいのだから、関係ないでしょ?

何を食べても、そこまで変わらないと思うんだけど。

 

実際にそういった声も聞こえますが、それは間違いです。

 

後天的な要素も、ワキガの臭いを強くする原因になっているんです。

 

人の体は、そもそも食べ物で出来ているんですよ。
何を食べているかで、その人の体の出来は変わってくるんです。

 

じゃあ、どんなものが臭いには良くないのか?

 

その中でも知られていないのが、ケーキなどの洋菓子です。
これらによって、ワキガは確実に強化されています。

 

あんなにおいしそうな匂いがするのに、なぜわきがに悪いんだろう?

 

体臭を強化してしまう原因はどこにあるんでしょうか??

甘いものにはある成分が含まれている

例えば、ケーキなどに代表される洋菓子ですが。

これらには、乳製品などの動物性脂肪を多く含んでいます。

 

牛乳や卵などもかなり使っていますからね。

 

こういったスイーツをたくさん摂る事で、皮脂腺の働きを活発化させる原因になってしまうんです。

 

皮脂腺はそもそもワキガの臭いの原因になっているアポクリン汗腺と関連性があります。

 

皮脂腺の動きが活発になることによって、臭いがどんどん出てしまうんですね。
実は密接な関係があるんです。

 

また、こういった洋菓子はカロリーも非常に高いと言われています。
つまり、食べすぎると太ってしまうってことですね。

 

スイーツ大好きな人は、ついついこういった高カロリーなものを食べすぎちゃいます。

 

たまった皮下脂肪もアポクリン汗腺や皮脂腺を刺激するといわれています。
太っている人が体臭がきついのは、こういった点も含めて原因になっているんです。

 

ただ、汗っかきだからと言うだけではないんですよ。

 

とはいうものの、汗っかき自体もワキガには最悪なんですが。

 

良くある話として、ワキガの人がお酒を飲むと臭いがかなりきつくなるようなんです。

 

これは発汗作用がありますから、汗が出ることで細菌の繁殖も活発になりますし。
それによって出たニオイは汗で広がっていきますからね。

 

どちらにしても、ケーキなどの洋菓子はあまり多く食べ過ぎないことが大事です。
食べるときは、やはり控えめにしてみてくださいね。