更年期障害はワキガの臭い悪化と多汗症に関係している

更年期障害はワキガの臭い悪化と多汗症に関係している

女性で大体50歳ぐらいになると更年期障害になる人が多いようです。

 

更年期障害になると、一番多いのが汗が多くなること。
多汗症になってしまうことが結構あるようなんですね。

 

そのせいで、もともと持っていたワキガの臭いが悪化してしまう。そんな症状に悩んでいる方が多いと聞きます。

 

確かに汗が多いと、ワキガの臭いはどんどんと広がっていきます。
やはり多汗症はワキガにとっては最悪の組み合わせと言えますから。

 

そもそも更年期障害はなぜ起こるのか?

 

50歳代になると、女性はホルモンバランスが崩れてきます。
女性ホルモンの分泌量が減ってくるんですね。

 

また、それによって自律神経が変調をきたしたりします。
これらが関係することで、多汗症は発生するんです。

 

自律神経の変調は体に緊張感をもたらします。
特に意識していなくても、起こってしまうんです。

 

そうすると、汗はどんどんと出るようになります。

 

これらが併発すると、今まであまり気にしていなかったわきがの臭い。
これがどんどんキツくなってしまうんですね。

 

ワキガの原因となるにおい汗とはちがうものなんですが。
それが通常の汗により体の色々な部分に拡散させてしまいます。

 

また、適度な湿気をもちますから、菌の繁殖にも効果的になります。
結果、におい汗の分解も促進され、さらに臭いが酷くなるんです。

 

更年期障害の治療については、基本的には薬で治療します。
自律神経には薬がありますから、内科に通ってください。

 

それによって、多汗症の方はある程度収まるんじゃないでしょうか?

 

ただ、ワキガの根本の治療にはなっていません。

 

ワキガはしっかりとした改善とデオドラントによる対策が大事になります。
その辺りは、こちらでも紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。