ワキガ対策

毛深い人やワキの下に白いものが付く場合はワキガの可能性あり

臭いはもちろんワキガの可能性を図ることができるんですが、実はそれ以外にもワキガかどうかを診断する方法があります。

 

何せ、自分の臭いだけでは、なかなか判別ができません。
でも、目で見えたりすれば、それは判断できると思います。

 

ただ、わきがの汗だけを見るというのはなかなか難しいですね。ほぼ透明ですから、普通の汗と区別がつきません。

 

でも、わきがの汗だけに見える特徴があるんですね。

 

今回は汗腺の働きの部分から、ワキガかどうかを見てみますね。

ワキの下に白いものが付く

ワキガの方に実際にいらっしゃるのですが。

 

腋毛に何か白いものが付いたりする人っていませんか?

 

女性の場合は腋毛を剃っているので、毛にはつきませんが。
腋自体に何かが付いている場合があります。

 

これが実は要注意なんです!!

 

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があるという話はしています。

 

エクリン汗腺からの汗の成分は99%が水分になってるんですね。
ですから、汗をかいてもサラサラとした状態なんです。

 

ですが、アポクリン汗腺は違います。

 

アポクリン汗腺からで汗の場合は、脂肪やたんぱく質が含まれています。

 

ちなみに、ワキガに関連している汗腺は?
そうアポクリン汗腺の方ですね。

 

腋毛やワキの下にこういった白いものを残すという事は。
分泌物が残る場合はアポクリン汗腺の活動が活発という事が言えます。

 

こうなるとどうしても、ワキガの可能性が高くなりますね。

毛深い人はワキガの可能性が高くなる?

なぜ、毛深いだけで、ワキガの可能性が高くなるんでしょうか?

 

それには大きな理由があります。

 

ワキガの原因になるアポクリン汗腺の出口は毛穴にあるんです。

 

毛深いという事は、それだけアポクリン汗腺自体が多いんですね。

 

また、わきがの臭いは腋毛や体毛と関係があります。

 

以前、わき毛の部分でお話ししましたが。
毛深いとアポクリン汗腺からの分泌物が絡みやすくなります。

 

そこに菌が繁殖することで、臭いがどんどんと増していくんです。

 

当然普通の汗もかくでしょうし。
それによってさらにニオイの拡散も広がってしまいます。

 

毛深いだけでは確定ではないですが。
それ+白い付着物。

 

この両方を満たしている場合は、ワキガの可能性が高いと言えますね。