ワキガ いじめ 学生 治療 対策

ワキガによるいじめが学生だとあるので治療や対策をしよう

ワキガによるいじめは学生時代だとよくあることです。

 

ワキガは基本的には思春期以降に発生します。
ですが、早い子では中学校や高校の内に発生してしまう子がいるんですね。

 

男子生徒でも確かにつらいところはあります。
ですが、男子同士はあまりそういったことでいじめは少ない方かと。

 

それよりも厄介なのは、女子同士です。
女子はこういったワキガのような臭いに対してもかなり言います。

 

クラスの女子にワキガで臭いと言われる可能性は高いです。

 

じゃあ、どう治療や対策をしていけばいいのか?
学生だとどうしても取れる手段は少なくなってきます。

 

手術とかになるとどうなんでしょうか?

 

学生の内にワキガが発症してしまった場合、親御さんも手術を考えるかもしれません。
確かに、治療や対策の一つとしてありえます。
ですが、そこにはそれなりに問題も含んでいるんです。

 

まず、学生の内ですから成長期にあります。
そういった時期に腋の下の汗腺を取り除いたとしてどうなるのか?

 

かなり高い確率で、ワキガは再発してしまいます。
腋の下の汗腺は、かなり高い確率で再生してしまいますね。

 

また数年してそこにメスを入れるのか?という話になります。

 

じゃあ、どうしていけばいいのか?
これはもうデオドラントをしっかりと使うしかないでしょう。

 

メスを入れてというのも、成長期の子供にはかわいそうな話です。
ですが、臭いからと言って、いじめられるのはもっと耐えられません。
だからこそのデオドラントなんです。

 

私の知り合いにも中学生でワキガを発症してしまった子がいます。
彼女も臭いと周りに言われて、引きこもりになってしまいました。

 

なんとか治療と対策をといろいろ考えていたのですが、うまくいきません。
そこで私もデオドラントでかなり効果の高いものをお勧めしました。
1日1回か多くても2回くらいで大丈夫だったので、使いやすかったようです。

 

臭いの対策が出来たら、それこそ学校に行くのも大丈夫になったそうです。
しっかりとケアしておけば、十分対策はできます。

 

学生はキツイ言葉で遠慮なく言ってくることが多いですね。
虐められるとそれがトラウマになってしまいます。
もしも自分のお子さんがちょっと臭いかも?と思ったら対処してあげてください。
デオドラントを使うだけでも、臭い対策はできますから。